/

8月の現金給与総額0.7%増、6カ月連続プラス

厚生労働省が8日発表した毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上)によると、8月の1人当たり現金給与総額は27万4987円で、前年同月に比べて0.7%増えた。6カ月連続で前年を上回った。

就業形態別では正規労働者が1.4%増の35万6287円だった一方、パートタイム労働者は1.7%減の9万5912円と差がみられた。

特にパート労働者の2割を占める飲食サービス業等は4.0%減った。新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言の対象地域が追加され、影響が大きくなったとみられる。

非正規の教育・学習支援業では労働時間が16%減少した。2020年は夏休みの短縮で例年に比べ学校などでの労働需要が高かった反動だという。

基本給など所定内給与が0.2%増の24万4437円、残業代などを指す所定外給与が6.5%増の1万7784円だった。いずれも正規は増加、非正規は減少していた。ボーナスなど特別に支払われた給与は2%増の1万2766円だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン