/

コロナ病床3.7万人分確保 第6波備え、厚労省公表

厚生労働省は7日、新型コロナウイルスの感染拡大「第6波」に備えて都道府県に作成を求めていた「保健・医療提供体制確保計画」の結果を公表した。夏の感染「第5波」ピーク時に比べて3割(約1万人)増の3.7万人が入院できるコロナ病床を確保した。医療が逼迫した医療機関へ医師や看護師を他から派遣する体制も整える。全国約2千の医療機関、約6千人の医師や看護師が派遣に協力する。派遣に協力する医師には開業医も含まれる。都道府県内を中心に状況によっては県をまたいだ派遣も求めていく方針だ。

病床は今夏に比べて新たに5千人分を確保したほか、既存病床の使用率を高めることでさらに5千人分増やした。厚労省は「病床使用率の見える化や書面による合意で(実効性の)担保を図っている」と説明した。他にも臨時の医療施設や入院待機施設を、これまでの約900人分から約3400人分に拡大した。

足元では新たな変異型「オミクロン型」の感染拡大が懸念されている。後藤茂之厚労相は7日の記者会見で「条件が変われば計画を総合的な観点から見直す。臨機応変に進めたい」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン