/

高市氏、総裁選出馬を正式表明  「日本経済強靱化」提唱

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

高市早苗前総務相は8日、国会内で記者会見し、自民党総裁選に出馬すると正式表明した。女性議員の立候補は2008年の小池百合子氏以来だ。政治信条の近い安倍晋三前首相のほか、かつて所属した現細田派の一部や保守系議員が支援する。

出馬表明は岸田文雄氏に続き2人目。総裁選は出馬の意向を固めた河野太郎規制改革相を加えた3氏が軸になるとみられる。

高市氏は経済政策の柱に①金融緩和②緊急時の機動的な財政出動③大胆な危機管理投資・成長投資――を挙げて「サナエノミクスの3本の矢」と表現した。「日本経済強靱(きょうじん)化計画で経済をたてなおし、成長軌道に乗せていく」と強調した。

政府と日銀が掲げる2%の物価安定目標を達成するまで、国と地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)の黒字化目標を凍結すると唱えた。政府は25年度のPB黒字化を目標としている。

消費税については 「現在の税率から下げることはしない」と語った。今後の感染症対策ではロックダウン(都市封鎖)を可能とする法整備を早急に検討すると述べた。先端技術の海外流出を防ぐため「経済安全保障包括法(仮称)」の整備も訴えた。外国人研究者への査証(ビザ)発給を厳格にすることなどが念頭にある。

高市氏は無派閥で、衆院奈良2区選出の当選8回。安倍政権で党政調会長や総務相を務めた。8月に出馬に意欲を示し、政策集の出版などの準備を進めていた。

自民党総裁選2021特集ページはこちら

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

自民党総裁選2021

菅義偉首相の後継を決める自民党総裁選には河野太郎、岸田文雄、高市早苗、野田聖子の4氏が立候補。9月29日に投開票され、岸田氏と河野氏の決選投票の結果、岸田氏が新総裁に決まりました。岸田氏は10月4日召集の臨時国会での首相指名選挙を経て第100代首相に就任しました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン