/

職場でコロナ簡易検査を、政府促す

政府は新型コロナウイルスの感染状況を早期につかむため、企業が簡易な抗原検査を実施するための手順書をまとめた。都道府県や経済団体を通じて職場での積極的な検査を促す。

手順書では、企業ごとに体調不良者が出た際に抗原検査キットで検査し、陽性反応が出れば医師の確定診断を受ける。陰性だった場合も、偽陰性の可能性があるため自宅待機などの措置をとる。

従業員が近い距離で長時間過ごす工場や、社員寮のように寝食を共にする場など、濃厚接触が生じやすい職場環境でのクラスター事例が報告されている。こうした職場では「重点的な働きかけを」と呼びかけた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン