/

この記事は会員限定です

診療報酬、看護賃上げ攻防 不妊治療と計0.5%上昇要因

[有料会員限定]

2022年度の診療報酬改定は岸田文雄政権が掲げる看護師の賃上げの扱いが行方を左右しそうだ。日本医師会や与党には賃上げ部分とは別に報酬の「本体」部分の引き上げを求める声がある。財務省は本体の報酬見直しで賃上げなどの原資は捻出できるとしており、月内にまとめる22年度予算案の大きな論点として綱引きが激しくなっている。

診療報酬は厚生労働省が定める公定価格で原則2年ごとに改定する。医療従事者の技術料や人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1134文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン