/

この記事は会員限定です

科学的検証も溝埋まらず リニア沿線に100年前の記憶

岡部貴典

[有料会員限定]

JR東海が建設するリニア中央新幹線の計画が揺らいでいる。南アルプスのトンネル工事を巡って水資源に影響があるとして静岡県が着工を認めず、JR東海とは平行線のままだ。同社は難工事への対応などで総工費が従来より1.5兆円増えて7兆円に膨らむ見通しを4月に発表した。国策ともいえる大型プロジェクトの行方に暗雲が垂れこめる。

「いい方向の議論になってきた」(JR東海の宇野護副社長)

「(中間報告案が)こういう書き方で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り987文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニュースの裏側や隠れた視点、次の展開を読む動きを紹介するコラムです。原則、週初に公開します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン