/

この記事は会員限定です

景気動向指数、2月1.3ポイント低下 2カ月ぶり下げ

[有料会員限定]

内閣府が7日発表した2月の景気動向指数(CI、2015年=100)の速報値は、景気の現状を示す一致指数が前月比1.3ポイント低い89.0となった。低下は2カ月ぶり。自動車の出荷や生産の減少、半導体の供給制約が響いた。

一致指数を算出する10項目のうち速報段階で集計済みの8項目をみたところ、耐久消費財や輸出、生産などの5項目で下がった。2月13日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り171文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン