/

この記事は会員限定です

首相、財政健全化「大変大きな責任」 総裁直轄本部で

[有料会員限定]

岸田文雄首相(自民党総裁)は7日、党の財政健全化推進本部の初会合に出席した。「国の信頼を維持する財政健全化を考える姿勢は政治にとって大変大きな責任だ」と述べた。新型コロナウイルス対策で大規模な経済対策を打つ一方で、財政規律を重視する姿勢を示す。

本部は前身の「財政再建推進本部」を改組して11月に総裁直轄の機関として設置した。本部長に額賀福志郎元財務相、最高顧問に麻生太郎副総裁が就いた。首相に財政...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り692文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン