/

BA.4・BA.5対応ワクチン接種、13日から順次開始

(更新)

新型コロナウイルスのオミクロン型「BA.4」「BA.5」に対応した新たなワクチンの接種が13日から始まる。2回接種を完了した12歳以上を対象に、前回から5カ月以上の間隔をあけて打つ。開始時期は自治体や会場によって異なり、準備が整ったところから順次始める。

厚生労働省は配送済みの「BA.1」対応ワクチンと予防効果に大きな差はないとして、種類によらず早期の接種を検討するよう求めている。

政府は希望者への年内の接種完了をめざしており、接種間隔を短縮する方針だ。厚労省が19日に開く部会で議論する。

24日以降には生後6カ月~4歳の子ども向けの新型コロナワクチンの接種も始まる見通し。他の世代と同様に予防接種法上の「努力義務」を適用する。

ニューズレター

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません