/

この記事は会員限定です

世界銀行の新たな感染症対策基金 日本まず13億円拠出

[有料会員限定]

政府は感染症の新たなパンデミック(世界的大流行)に備える国際枠組みに参加する方針だ。世界銀行が設立する基金に、まず1000万ドル(13億円超)を拠出する。新型コロナウイルス禍で途上国などのワクチン普及が遅れた反省を踏まえ、低・中所得国の流行監視や予防研究を支援する。国・地域を超えた公衆衛生の安全網を築く。

世銀は6月30日の理事会で新たな基金の設立を決めた。今秋にも運用を始める。世界保健機関(W...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り572文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン