/

自民・中谷元防衛相「小池新党と保守合同を」

自民党の中谷元・元防衛相は7日、国会内での谷垣グループの会合で、次期衆院選後に小池百合子東京都知事と連携すべきだと表明した。「政局の安定のため、衆院選後に『小池新党』との保守合同を真剣に検討すべきではないか」と語った。

小池氏が次期衆院選に向けて新党を立ち上げた場合が念頭にある。自民党は4日投開票の都議選で第1党となったものの、過去2番目に少ない33議席にとどまった。小池氏が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」とは2議席の差だった。

中谷氏は「自民党は非常に厳しい状況にある」と分析した。「都議選を総括し、党としてまとまって行動することが必要だ」と述べた。「おごりやたるみへの反省が足りない。こういうことを踏まえないと(衆院選に)勝てない」とも指摘した。

中谷氏は会合後、記者団に「都政は与党が自民党と公明党、都民フという構図になる。国政も都民フが与党に協力してくれる可能性があり、模索すべきだ」と説明した。

公明党の山口那津男代表は5日、衆院解散・総選挙の時期を巡り、自民党総裁選後の実施も選択肢になるとの認識を示した。中谷氏は「解散の前に総裁選をやる状況ではなく、結束した方が得策だ」と言明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン