/

この記事は会員限定です

玄海原発に対応迫る規制委 基準厳格化で負担増も

[有料会員限定]

原子力規制委員会は7日、九州電力に対して玄海原子力発電所(佐賀県)で想定する地震の最大の揺れを引き上げる必要があるとの見解を示した。4月に地震の揺れの想定方法を厳しくしたことにもとづく措置で、電力会社に見直しを要請するのは初めて。他原発でも見直しを迫られれば、耐震補強工事などの負担が増す可能性がある。

想定される最大規模の揺れは基準地震動と呼ばれ、耐震化など地震対策の前提になる。規制委は4月、原発周辺の活...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り863文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン