/

この記事は会員限定です

「ほえる官僚」賢い支出を先導 新財務次官に矢野康治氏

[有料会員限定]

勝てるかどうかの見極めより、まず戦う姿勢にこだわる。おかしな政策だと思えば相手が政権の首脳であれ忖度(そんたく)せずに疑念を呈する。財務省内でも特に財政規律に厳しい論客の姿に現場からの信頼は厚い。

経歴は異色だ。戦後60人近い大蔵・財務次官のなかで東大卒でないのは池田勇人氏ら京大卒の2人だけ。今回、初めて一橋大卒の矢野氏が加わる。要職である主計局の次長職も経験しておらず、主税局長になった後に主計局...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り471文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン