/

国内4種目ワクチン、ノババックス製1億5千万回分契約

(更新)
米ノババックスが開発中の新型コロナウイルスワクチン(武田薬品工業提供)=共同

厚生労働省は7日、国内で4番目となる新型コロナウイルスワクチンの供給にめどがついたと発表した。米バイオ製薬ノババックス製のワクチンを巡り、国内での生産、供給を担う武田薬品工業と1億5000万回分の供給契約を結んだ。1人3回目の接種も視野に、接種を進める米ファイザーや米モデルナ、英アストラゼネカ製とあわせて安定した体制を整える。

ノババックス製ワクチンは現在も開発途上で、供給は早くても2022年初めとなる見通しだ。政府は秋までに希望者への2回接種を完了させる想定で、検討中の3回目接種などでの活用を見込む。接種や流通には薬事承認が必要で、厚労相が諮問機関の協議を踏まえて判断する。

ノババックス製は既存の3ワクチンと同じく2回接種が必要になる。「組み換えたんぱくワクチン」と呼ばれる種類で、ウイルスの遺伝子情報をもとに昆虫細胞を使ってワクチンをつくる。国内でもB型肝炎のワクチンなどで用いられてきた。

政府は接種中のワクチンの追加確保も進めている。7月にはモデルナ製で5000万回分を追加で契約し、ファイザー社とも1億2000万回分の追加供給に向けて協議している。いずれも22年に入ってからの供給となる。

協議中の分を含まないこれまでの契約量はファイザー製が計1億9400万回分、モデルナ製が計1億回分、アストラゼネカ製が1億2000万回分となっている。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン