/

野田幹事長代行、首相に総裁選出馬の意欲伝達

自民党の野田聖子幹事長代行は7日、首相官邸で菅義偉首相と会談した。17日告示ー29日投開票の党総裁選に出馬する意欲を伝えた。

野田氏は首相に「仲間と相談して自民党の多様性を担えればいいなと思っている」と伝えた。会談後、記者団に明かした。

「首相が取り組んできたこと(の成果)が数字で表れてきているので、継続していきたいと申し上げ、首相は大変喜んでいた」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン