/

インド太平洋経済枠組み(IPEF)とは 米主導で中国に対抗

きょうのことば

▼インド太平洋経済枠組み(IPEF) バイデン米大統領の呼びかけにより経済分野の協力を深める目的で5月に発足した新しい経済圏構想のこと。IPEFは英語名Indo-Pacific Economic Frameworkの略称。現時点で14カ国が参加する。協議分野は①貿易②サプライチェーン(供給網)③エネルギー安全保障を含むクリーン経済④脱汚職など公平な経済――の4つで構成する。関税の引き下げや撤廃は扱わない。

すべての項目に同意が必要な環太平洋経済連携協定(TPP)と異なり、IPEFは分野ごとに参加できる。TPPへの復帰に慎重な米バイデン政権がインド太平洋地域で影響力を増す中国に対抗する新たな枠組みとして発足を主導した。

中国は日本や韓国、東南アジア諸国連合(ASEAN)各国で構成する東アジアの地域的な包括的経済連携(RCEP)に参加し、TPPへの加盟も申請している。これらの枠組みと異なり関税引き下げが協議対象外のIPEFは輸出拡大を期待する国にとってメリットが見えにくいとの指摘がある。中国との関係を考慮する国々を引き寄せる仕組みが必要になる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません