/

処理水放出「近日中に判断」 首相が全漁連会長と会談

(更新)
東京電力福島第1原発の(手前右から)1、2、3、4号機。奥は汚染水を浄化した後の処理水などを保管するタンク(2月、共同通信社ヘリから)=共同

菅義偉首相は7日、首相官邸で全国漁業協同組合連合会の岸宏会長と会談した。東京電力福島第1原子力発電所にたまる処理水の処分に関し「近日中に判断したい。まだ方向性は出していない」と述べた。

海洋放出をする場合の対応を問われ「仮定のことは控える。いずれにせよ風評被害は最小限にする努力は絶対に必要だ」とも強調した。会談後、官邸で記者団に語った。

協議には梶山弘志経済産業相が同席した。政府は2020年秋に海洋放出の方針を決めようと試みたものの、風評被害を懸念した全漁連などから理解を得られず先送りした経緯がある。梶山氏は7日夜の記者会見で「丁寧な説明をしていく」と指摘するにとどめた。

政府は全漁連との協議結果を踏まえ、月内にも関係閣僚会議を開く方向で調整している。処理水を保管する原発の敷地内のタンクは容量の残りが少なくなっており、海洋放出の判断を議論する。

決定から放出までに規制手続きや工事で約2年かかるとされ、現状でもタンクの容量を超す22年秋には間に合わない計算になる。原子力規制委員会の更田豊志委員長は「設備上の工夫で短縮できる」と説明している。

福島第1原発では11年の東日本大震災に伴う津波の事故を受け、高濃度の放射性物質に汚染された水が発生している。東電が専用装置で主要な放射性物質を取り除いたうえで敷地内のタンクにためている。

福島第1原発では壊れた建屋に地下水や雨水が流入し、高濃度の放射性物質に汚染された水が発生し続けている。建屋の補修などの取り組みによって発生量はこの5年で3分の1以下に減ったが、なお1日平均140トン発生している。

東電は21年3月時点で137万トン分に上る1061基のタンクを設置したが、9割が満杯だ。タンクを増やそうにも敷地内に空きはほぼない。今のペースで処理水が増えれば22年秋にタンクの容量を超える。敷地内にため続ければ今後の廃炉作業に影響が出かねない。

原子力規制委の更田委員長は7日の記者会見で「難しい問題だが、速やかな決定がなされることを望んでいる」とした上で「私たちもできるだけ効率的に審査できるように備えたい」と訴えた。

首相は6日のBS日テレ番組で処理水を巡り「このまま先送りし続けることは避けるべきで、どうすることがいいかも含めて意見交換したい」と言及していた。

政治的な日程からみても、海洋放出を決定するタイミングは「今しかない」(政府関係者)。3月に通常国会で21年度予算が成立し、夏の東京五輪や秋までの衆院選の直前なども避けられるためだ。海洋放出の決定に伴う国内外からの批判の影響を最小限にするには好機と判断したとみられる。

東京電力ホールディングス(HD)の小早川智明社長は7日、新潟市内での記者会見で「処理水については本当に様々な方々のご理解があってのものだ。正確なオペレーションに対して不安が起こるようなことはとにかくないようにしないといけない」と発言した。

タンクを減らさないと廃炉作業で出る核燃料の保管場所を確保できない。東電は早く処分方針が出ないと廃炉全体に影響が出るとみて、政府主導での地元関係者との調整に期待をかける。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン