/

この記事は会員限定です

困難な時に何ができるか 海外、財界と官界の垣根低く

危機下の財界(4)

(更新) [有料会員限定]

欧州連合(EU)離脱と新型コロナウイルス禍に苦しむ英国。最大の経済団体、英産業連盟(CBI)は5月24日、大胆な投資優遇策や規制緩和を提言した。事務局長のトニー・ダンカーは「英経済の成長力と競争力を高めるための大きな賭けをするチャンスだ」と説く。

ダンカーが現職に就いたのは2020年11月。いわゆる「財界」一筋ではない。大手コンサルティング会社、マッキンゼーで10年勤務した後、英国の内閣府と財務省...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り759文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン