/

この記事は会員限定です

大学ファンド、運用担当理事に元農中幹部を起用

[有料会員限定]

政府が設立した大学ファンドの運用担当理事に農林中央金庫出身の喜田昌和氏(52)が就いた。オルタナティブ投資部長などを務めた運用のプロを起用して、大学の研究支援に充てる資金を稼ぐ。

喜田氏はファンドを運営する科学技術振興機構の運用業務担当理事に6月1日付で就いた。1992年に農林中金に入庫し、債券投資部や投融資企画部などを経てオルタナティブ投資部長、常務執行役...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り176文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン