/

参院2選挙が告示 長野・広島、菅政権で初の国政選挙

与野党対決の構図

 参院長野選挙区補選が告示され、候補者の演説を聞く有権者ら=8日午前、長野市

参院長野選挙区の補欠選挙、広島選挙区の再選挙が8日、告示された。長野、広島とも事実上、与野党対決の構図で25日に投開票する。2020年9月の菅義偉政権発足後、初の国政選挙となる。10月の衆院議員任期満了を控え、各党は次期衆院選の前哨戦と位置づける。

長野は立憲民主党の羽田雄一郎元国土交通相の死去に伴う補選。午前11時時点で、いずれも新人で自民党の小松裕氏、立民の羽田次郎氏らが届け出た。

小松氏は公明党の推薦を受け、自公の選挙協力体制で臨む。羽田氏の陣営は共産、国民民主、社民3党の推薦で野党共闘が整った。

広島の再選挙は公職選挙法違反の有罪判決で河井案里氏(自民を離党)の当選が無効になったため実施する。諸派で立民、国民、社民が推薦し共産が支援する宮口治子氏、自民公認で公明が推薦する西田英範氏ら新人6人が立候補した。

長野同様、広島も事実上の与野党一騎打ちとなる。野党は政治団体「結集ひろしま」を結成し選挙戦を展開。自民は次期衆院選に向け、公明との選挙協力を確かめる。

13日告示の衆院北海道2区補選とあわせ、25日に3選挙が投開票される。各党は街頭演説での新型コロナウイルス対策に配慮しつつ、党幹部や閣僚らを現地入りさせる。選挙結果は首相の政権運営や衆院解散の時期に影響する。

参院長野補選


小松 裕59 元衆院議員 自新
羽田 次郎51 元議員秘書 立新
神谷 幸太郎44 党職員 N新
(注)届け出順。敬称略

参院広島再選挙


宮口 治子45 フリーアナ 諸新
佐藤 周一45 介護施設職員 無新
大山 宏72 元会社員 無新
玉田 憲勲63 医師 無新
西田 英範39 元経産省職員 自新  
山本 貴平46 党職員 N新 
(注)届け出順。敬称略

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン