/

この記事は会員限定です

「首都圏の医療ひっ迫も」 尾身氏、感染者増に危機感

[有料会員限定]

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は7日の衆院厚生労働委員会の閉会中審査で、首都圏で新型コロナの感染者増加が続けば医療のひっ迫につながる可能性があると指摘した。東京五輪・パラリンピックの開催期間を含む7~9月が最も重要な時期の一つだとして、早期に効果的な対策を打つよう求めた。

新規感染者数の増加傾向がみられる東京の感染状況について、尾身会長は「デルタ株への置き換わりがかなり進行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り280文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン