/

「パワハラあってはならぬ」トヨタ社員自殺で 官房長官

(更新)

加藤勝信官房長官は7日の記者会見で、トヨタ自動車が上司のパワーハラスメントが原因で自殺した社員の遺族と和解したことを巡り、改善に意欲を示した。「職場におけるパワハラはあってはならない。撲滅に取り組みたい」と述べた。

政府は2020年にパワハラ防止法を施行し、22年4月から中小企業にも対象を広げる。加藤氏は「個別の企業訪問による支援などを実施し、法律の履行に万全を期す」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン