/

ワクチン受けた人の隔離免除、状況見極め判断 官房長官

加藤勝信官房長官は7日の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた入国者の隔離措置の免除について、状況を見極め判断すると述べた。「検討していく必要がある」と話した。海外からの変異ウイルスの流入の懸念にも触れた。

ワクチンを接種済みの人の水際対策の緩和は経団連が政府に提言した。海外からの入国や帰国の際に課す14日間の隔離の免除を求める。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン