/

この記事は会員限定です

中国海警船、8年で3倍超に 尖閣周辺で年333日確認

チャートで読む政治 外交・安保(6)

[有料会員限定]

日本の海上保安庁のように海で安全や治安を確保する組織を海上法執行機関と呼ぶ。中国は海警局、米国では沿岸警備隊が担う。中国は海警局の能力増強を進めており、船舶の数は8年間で3倍以上に増えた。

海警局は2013年、公安省や農業省、国家海洋局など複数の省庁に分かれていた組織を統合して発足した。海保の推定によると発足前の12年時点で、中国の海上法執行機関の船(満載排水量1000トン級以上)は40隻だった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り714文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン