/

この記事は会員限定です

永田町「渋沢栄一」論 「道徳と利潤の調和」現実政治に

政界Zoom

[有料会員限定]

渋沢栄一が2024年度から新1万円札の図柄になる。NHK大河ドラマでも話題だ。「日本資本主義の父」と称され、銀行や鉄道など500社程度の設立に関わった。永田町でも経営哲学を示した著書「論語と算盤(そろばん)」の愛読者は多い。与野党の「渋沢通」に魅力を聞いた。(根本涼、依田翼)

「効率・利益重視から転換を」自民・岸田文雄氏

渋沢栄一に注目が集まる背景には新自由主義に皆が疲れている点があるのだろう。幅...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2043文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン