/

この記事は会員限定です

萩生田政調会長で調整、遠藤総務会長を検討 岸田首相

10日に内閣改造・自民党役員人事

(更新) [有料会員限定]

岸田文雄首相(自民党総裁)は10日の内閣改造・党役員人事で党政調会長に萩生田光一経済産業相を起用する調整に入った。党総務会長には遠藤利明選挙対策委員長を充てる案を検討する。

萩生田氏は銃撃を受けて死去した安倍晋三元首相の側近の一人で、最大派閥の安倍派に属する。物価高対策や防衛力の強化策といった重要政策を抱えており、萩生田氏を党の政策責任者に据え、政府・与党間の擦り合わせを進めやすくする。

遠藤氏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り505文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン