/

この記事は会員限定です

「氷を砕く旅」再び 秋葉剛男・国家安全保障局長

登場

[有料会員限定]

外交・安全保障政策の司令塔となる国家安全保障局(NSS)の局長に秋葉剛男前外務次官が7日、就任した。次官の在任期間は戦後最長で省内外から「ミスター外交官」と呼ばれる。外務省主導の外交政策に回帰する象徴的な人事になる。

安倍前政権が打ち出した日本外交の基本方針「自由で開かれたインド太平洋」の策定で中心的な役割を担った。条約課長などの主要ポストを歩んだが、ミスター外交官の称号は外交の実績で勝ち取ったも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り630文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン