/

この記事は会員限定です

フィンランドと6G開発 官民協定、ノキアなど参加

[有料会員限定]

次世代通信規格「6G」の研究開発に取り組む日本とフィンランドが連携協定を結ぶ。通信機器の世界大手である同国のノキアが参加する。日欧が研究段階から連携し、標準規格などの主導権争いで先行する狙いだ。

2030年代の6G実用化を目指す日本の「ビヨンド5G推進コンソーシアム」と、フィンランドのオウル大が中心となる産学組織「6Gフラッグシップ」が協定を結ぶ。8日にも日本経済新聞社と総務省主催の「世界デジタル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り274文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン