/

この記事は会員限定です

処理水放出「沿岸」「沖合」2案判断へ 東電報告

(更新) [有料会員限定]

東京電力ホールディングスは7日、福島第1原子力発電所の処理水の海洋放出に向けた検討状況を原子力規制委員会に報告した。放射性物質の濃度を測るためにタンクを増設することなどを説明した。敷地内から沿岸に直接放出するか沖合に流すか近く判断する。地元の懸念は根強く、水産物などの風評被害対策の検討も急務となる。

東電は規制委から実施計画の認可を受けたうえで2023年春の放出開始をめざしている。7日の会合で実施計画は示さなかったものの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1095文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン