/

首相、ワクチン「1日100万回接種」目標を表明

職場接種、2月半ばから 大阪の大規模接種は1日2500回に増加

think!多様な観点からニュースを考える

岸田文雄首相は7日の衆院予算委員会で新型コロナウイルスのワクチン接種に関し、2月中のできるだけ早期に1日100万回をめざすと表明した。2月半ばに職場接種を始める予定だと明らかにした。

目標達成に向け自治体や企業に協力を求めるよう後藤茂之厚生労働相らに指示したと説明した。

首相は自衛隊による大規模接種の大阪会場の接種回数について、14日をめどに1日2500回程度に増やす方針を示した。現在は960人まで予約を受け付けている。

「国、自治体、企業を挙げて2月のできるだけ早期に1日100万回までペースアップすることを目指して取り組みを強化したい」と話した。足元の接種は1日計50万回ほどだ。

「岸田政権としても明確な目標を掲げ、政府一丸となって一日も早く希望する方々への接種を進める」と述べた。

ワクチンの3回目接種について首相は「発症予防や重症化予防の要になる」と訴えた。自民党の谷公一氏に答弁した。

1~2回目と異なるメーカーのワクチンを3回目に打つ交互接種について広報を強化する。

堀内詔子ワクチン相は衆院予算委で「必要性や有効性、安全性などホームページやSNS(交流サイト)、テレビCMなど様々な媒体を活用し国民一人ひとりに丁寧にお知らせしたい」と語った。

政府は教職員や保育士の積極的な接種を働きかけるよう自治体に要請する。学校や保育所での感染が拡大している現状を踏まえる。社会機能を維持するため警察官や消防職員の接種促進の呼びかけも要望する。

首相はこれまで接種回数の目標設定に慎重だった。政府が定めた2回目からの接種間隔の基準に基づき医療従事者らが順番に接種するのが適当だと指摘してきた。

政府は希望する高齢者らへの3回目接種を巡り全国の市区町村の97%が2月末までに終える予定だと説明してきた。目標を掲げることで遅れが指摘される3回目接種の加速を促す。

  • 著者 : 日本経済新聞社政治・外交グループ編
  • 出版 : 日経BP
  • 価格 : 2,640円(税込み)

この書籍を購入する(ヘルプ): Amazon楽天ブックス

Twitterで最新情報を発信
政治・外交 最新情報はこちら

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン