/

この記事は会員限定です

首相、五輪開催「国民の命が前提条件」 判断基準は明言せず

[有料会員限定]

菅義偉首相は7日の参院決算委員会で東京五輪・パラリンピックの開催の可否について「国民の命と健康を守ることが開催の前提条件だ」と述べた。「前提が崩れればそうしたことは行わない」と言及した。可否を判断する具体的な基準は明言しなかった。

首相は五輪開催の前提条件について「国際オリンピック委員会(IOC)にもしっかり申し上げたい」と説いた。「緊急事態宣言を解除できるように全力をあげることが最優先だ」と力説...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り442文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン