/

この記事は会員限定です

モデルナとアストラのワクチン承認判断へ 厚労省20日にも

[有料会員限定]

厚生労働省は米モデルナ製と英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンについて20日にも専門部会で承認の可否を判断する方向で調整に入った。米ファイザー製に続いて承認されれば、国内でのワクチン接種の加速に弾みがつく。

これまでに国内で承認されたコロナワクチンは米ファイザー製のみだ。アストラゼネカ製は2月、モデルナ製は3月にそれぞれ承認申請され、審査中となっている。

政府はモデルナ製...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り185文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン