/

2月の景気動向指数、2カ月連続悪化 感染拡大響く

内閣府が7日発表した2月の景気動向指数(CI、2015年=100)の速報値は、足元の経済動向を示す一致指数が前月比0.1ポイント低い95.5だった。2カ月連続の悪化となった。新型コロナウイルスの感染拡大で小売業や卸売業の販売がふるわなかった。内閣府は指数を基に機械的に作成する景気の基調判断を「足踏みを示している」に据え置いた。

一致指数を構成する10項目のうち集計済みの8項目をみると、3項目が低下に寄与した。コロナを受けた「まん延防止等重点措置」などで客足が遠のき、ホームセンターやデパートなどの販売が低迷した。金型やフラットパネルディスプレー向け製造装置などがふるわず資本財の出荷が減ったほか、エレベーターといった建設財も悪化した。

2~3カ月後の景気を示す先行指数は前月比1.6ポイント低い100.9と市場予想(1.7ポイント減)をやや上回った。ウクライナ情勢や資源価格の高騰、福島県沖地震による工場停止などが下振れリスクになる可能性がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン