/

この記事は会員限定です

「有事想定、正面切って議論を」 河野克俊・前統幕長

自民総裁選を語る

[有料会員限定]

新型コロナウイルスへの対応でも見られたが、日本は最悪のケースを想定して備える発想が弱い。東日本大震災でも「想定外」が連発した。有事に想定外はあってはならない。

日本のリーダーは最悪の事態を考えるべきだ。危機対応を総裁選の争点にしてほしい。

台湾問題は4月の日米首脳会談の共同声明に「台湾海峡の平和と安定」と書かれた。どう具体化するかが日本政治の責任だ。最悪の事態を想定し首相が何をどう判断し、自衛隊や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り378文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン