/

97万件の年金通知書を誤送付 年金機構、情報が一部流出

(更新)

日本年金機構は6日、年金の受給額などを記載した10月分の「年金振込通知書」の一部について、誤って別人に送付したと発表した。誤送付の規模は約97万2000件。通知書には年金額のほか基礎年金番号、振込先の金融機関名などが記載されていた。記者会見した年金機構の石倉裕子理事は「大変ご迷惑をかけた。深くおわびします」と謝罪した。

年金機構が誤送付を確認したのは愛知、三重、福岡の3県。内訳は福岡が約16万6000件で、残る約80万6000件のほとんどが愛知という。はがきの内側に別の受給者の年金受給額などが載っていた。内側に氏名や口座番号は記載されていない。

機構は基礎年金番号などだけでは個人を特定することはできないと説明している。現時点で悪用などの被害情報は報告されていない。15日に支給する年金は正しい金額で支払われるという。

通知書の作成や発送業務を委託するサンメッセの印刷工程でのミスが原因で、詳細を調べている。同社が4日と5日に発送した分について、送り先とは異なる人の年金情報が印刷されていた。6日以降に予定していた発送作業は中止した。

年金機構は約3300万件の年金通知書を発送する計画で、サンメッセを含む9社に作業を委託していた。

年金機構は誤送付された通知書を回収するとともに、正しい通知書を11日に送付する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン