/

バイデン氏の4月来日見送り 政府、クアッドも

5月軸に再調整

日米両政府がバイデン米大統領による初めての来日について、4月後半の実現を見送ったことが分かった。バイデン氏の来日に合わせて都内で開く予定だった日米豪印の4カ国「Quad(クアッド)」の首脳会議も先送りし、いずれも5月開催を軸に再調整する。

政府高官によると、バイデン氏はロシアによるウクライナ侵攻などの対応に追われ、来日の日程を確保できなかった。5月までに総選挙を控えるオーストラリアも4月のクアッド開催に難色を示していた。

日米両首脳は1月のオンライン協議で、今年前半にバイデン氏の来日と対面によるクアッド首脳会議を実現すると申し合わせた。岸田文雄首相は3月、訪問先のブリュッセルでバイデン氏に「4月後半」の来日を打診した。

首相はバイデン氏との会談でロシアのウクライナ侵攻や、太平洋地域で軍備増強を進める中国への対応を話し合う。クアッドではロシアと歴史的につながりのあるインドに対ロシア政策で共同歩調を呼びかける見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン