/

使用見合わせワクチンで死亡3例目 厚労省「因果は不明」

厚生労働省は6日、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンについて、異物混入の疑いで使用を見合わせたロットで、接種後の死亡事例を新たに1件確認したと発表した。同じロットではこれまで接種後の死亡例が2件報告されていた。同省は3件すべてについて「ワクチン接種と死亡の因果関係は不明」と説明している。

接種後の死亡が確認されたのは49歳の男性で、そばアレルギーがあったという。8月11日に2回目のワクチンを接種し、翌12日に死亡。死因は「情報収集中」としている。

ワクチンの製造ナンバーは「3004734」で、供給量は約52万回分にあたる。国は同じラインで製造した他ロットでステンレススチールの混入が確認されたことから、接種を中断。国内流通を担う武田薬品工業が自主回収を進めている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン