/

高齢者ワクチン、1回目の接種1%未満 政府

政府は6日、新型コロナウイルスのワクチン接種状況を公表した。高齢者向け接種で1回目の接種を終えた人は21万人程度だった。65歳以上の高齢者3600万人の1%未満にとどまる。

首相官邸がホームページで明らかにした。都道府県からの報告をもとにしたもので、実際はさらに接種が進んでいる可能性もある。

高齢者接種は4月12日に始まった。都道府県別では大阪府で9789人、東京都で7753人が1回目のワクチンを打った。米ファイザー製のワクチンは3週間の間隔をあけて2回打つ。2回目の接種を終えた人はいなかった。

医療従事者向けの接種は、4月30日時点で258万人が1回目を打ち終え、対象者480万人の半数を超えた。2回目の接種を終えたのは104万人で、対象者の2割強だった。医療従事者の接種は2月から先行して始まった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン