/

経済対策で外食支援策など検討 金子農相

金子原二郎農相は6日、日本経済新聞社などのインタビューで「喫緊の課題は新型コロナウイルス対策だ」と述べ、岸田文雄首相が策定方針を示した経済対策で外食産業や農林水産事業者向け支援策の拡充などを検討する考えを示した。

農水省が所管する外食需要喚起策「Go To イート」のプレミアム付き食事券は多くの地域で利用や販売を停止・自粛したままで「対策がまだまだ十分でない」と指摘した。

新型コロナによる需要減を背景に2021年産のコメの価格下落が懸念されている問題については「在庫の保管経費を支援する事業を拡充するなどしていきたい」と語った。首相も4日にコメの需給対策を農相に指示したと明らかにし、「農水省の最重要の問題として取り組む」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン