/

この記事は会員限定です

農地転用の規制緩和、農水省検討 経営多角化を容易に

[有料会員限定]

農林水産省は農業の収益性を高めるための規制緩和に乗り出す。農地を加工・販売施設に転用する際の要件緩和や、手続きの簡素化を検討。2021年度中に結論を出し、関連法の改正も視野に入れる。農産物を単純に売るだけでなく、加工などで付加価値を高め収益性を上げることで、農業への新規参入者を増やす狙いがある。

農地を他の目的で使う場合、農家は原則として農業委員会を通じて都道府県知事に申請し、転用許可を得る必要が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り578文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン