/

下村氏「台湾問題は人ごとでない」 自民保守系と会談 

保守団結の会の高鳥修一氏(中央。6日、党本部)

自民党有志の保守系グループ「保守団結の会」は6日、党本部で下村博文政調会長と会談した。台湾との交流促進を目的とする議員立法「日台交流基本法」の制定を求める決議を手渡した。下村氏は「台湾問題は人ごとではない。皆さんと同じ思いだ」と述べた。

決議は中国を「軍事力を背景とした現状変更を試みる一方的な行動を取り続けている」と非難し、日台の関係強化を唱えた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン