/

この記事は会員限定です

法人税下げ競争、コロナ禍で転機 G20が最低税率議論

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

長く続いてきた先進国による法人税の引き下げ競争が転機を迎えている。20カ国・地域(G20)では国際的な最低税率を設ける議論が大詰めを迎えており、米国のイエレン財務長官も必要性を訴える。新型コロナウイルス禍で拡大した財政を賄う財源確保や、大企業への富の偏在がもたらす格差の是正を求める声が背景にある。

「30年間続いた『底辺への競争』」。イエレン氏は5日の講演で法人税の引き下げ競争をこう呼び、最低税率...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1109文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン