/

この記事は会員限定です

岸田首相はケインジアンか 真価問われる経済対策

経済部長 高橋哲史

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

岸田文雄首相が2020年に出版した「岸田ビジョン」を読むと、財政規律を重視する記述が多いのに気づく。

「国家としての姿勢、政権としての指針が、『財政健全化』に向かっているということを、内外に示しつづける必要があると私は考えています」

新型コロナウイルスがもたらした危機に対応するため「現在の100兆円を超す歳出を無理に減らすということではありません」と断りつつ、一貫して訴えたのは財政の健全化だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1242文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン