/

この記事は会員限定です

職場接種ペース見直し モデルナ製、需要増追いつかず

9月末総量確保は維持

[有料会員限定]

政府は新型コロナウイルスワクチンの職場接種のペースを見直す。企業による接種の申請が殺到したため、米モデルナ製ワクチンの供給実態にあわせたなだらかな形を想定する。9月末までに5000万回とした総量の確保目標は維持する。

河野太郎規制改革相は6日、モデルナ製の供給が6月末までに1370万回、7~9月に3630万回とする供給計画を明らかにした。新規受け付け停止前に申請していた企業でも接種開始が7月下旬以...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り793文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン