/

この記事は会員限定です

半導体の補助「数件想定」 関連法案、年度内施行めざす

[有料会員限定]

政府は6日、先端半導体の工場の新設や増設を支援する関連法改正案2本を閣議決定し、臨時国会に提出した。2021年度内の施行をめざしており、支援の対象は台湾積体電路製造(TSMC)の新工場を含め「数件程度」を想定する。

改正案は、先端半導体を生産する企業の日本国内での投資計画について、認定制度を創設するのが柱。経済産業相の認定に基づき、新たに設ける基金から工場の新増設にかかる費用の一部を出す。補助は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り415文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン