/

この記事は会員限定です

ゲリラ豪雨、30秒で雨雲検知 政府がレーダー開発着手へ

[有料会員限定]

政府は頻発する豪雨災害を受け、雨雲を迅速に予測できる体制整備に乗り出す。総務省は2022年度から雨雲の検知時間を従来の10分の1まで短縮できる次世代レーダーの開発に着手し、25年度の実用化をめざす。気象庁も22年末までに各地の気象レーダーを更新して予測能力を強化する。深刻さを増すゲリラ豪雨の被害防止につなげる。

気象庁によると、日本で1時間当たりの降水量が50ミリ以上の大雨の発生回数は11~20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り800文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン