/

在日米軍の感染対策、首相「厳格に」

(更新)

岸田文雄首相は6日、外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)の際に在日米軍の新型コロナウイルス対策を厳格にするよう求めると表明した。2プラス2に出席する林芳正外相に指示した。

首相官邸で記者団に明らかにした。日米は7日に2プラス2をオンラインで開く。日本側から林氏と岸信夫防衛相、米側からブリンケン国務長官とオースティン国防長官が参加する。

在日米軍司令部は6日、日本国内のすべての施設で感染防止策を強化したと発表した。陰性の判定が出るまで米兵らに公共の場や基地内でマスクの着用を義務づける。

基地の外でも着用を徹底させる。首相は一段と対策を厳しくするよう求める。

首相は在日米軍が感染拡大の原因となったとの指摘について「現時点で感染拡大の原因、あるいは感染ルートを断定するのは難しい」と述べた。「日米地位協定の改定は考えていない」と明言した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン