/

この記事は会員限定です

50年後の列島改造論 遅れるDX、経産省「気分は戦後」

広沢まゆみ

[有料会員限定]

「デジタル日本改造を提案したい」。年始早々の6日、萩生田光一経済産業相が省内の会議でぶち上げた。

田中角栄元首相が1972年に掲げた「日本列島改造論」から50年。デジタル化の遅れという日本の「最大の弱点」の克服をめざす宣言だった。自動運転や自動配送といった交通・物流分野をはじめ各インフラのデジタル基盤整備を一体的に進める計画を策定する方針だ。今春をめどに工程表をとりまとめる。

振り返れば2021...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り459文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

霞が関ノート

霞が関を日々取材する記者たちが政策づくりの現場の息づかいを伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン