/

存立危機事態「一概に言えない」 官房長官、台湾有事で

加藤勝信官房長官は6日の閣議後の記者会見で、台湾有事が集団的自衛権の行使を可能とする「存立危機事態」にあたるかについて「一概に言うのは困難だ」と述べた。「いかなる事態が該当するかは、様々な情報を総合して客観的、合理的に判断する」と説明した。

麻生太郎副総理兼財務相は5日の講演で、中国が台湾に侵攻すれば存立危機事態にあたる可能性があると言及した。加藤氏は麻生氏の見解に関し「コメントは控えたい」と語った。政府見解との整合性を問われ「仮定の問題だ」と指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン