/

この記事は会員限定です

長野・野党共闘占う、広島・岸田氏「背水」 参院補選・再選挙告示

[有料会員限定]

参院長野選挙区の補欠選挙と広島選挙区の再選挙が8日告示され、25日の投開票へ選挙戦が始まった。両区とも与野党の事実上の一騎打ちの構図となり、次期衆院選の前哨戦となる。

長野は立憲民主党の羽田雄一郎元国土交通相の死去に伴う補選で、3人で争う。自民は元衆院議員の小松裕氏を公認し、立民は雄一郎氏の弟、次郎氏を擁立した。

立民は雄一郎氏の弔い選挙と位置づける。共産党が次郎氏と政策協定を結び支援を決めており...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り709文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン